Fuwalog

ブログが友達。

安い美容室に行ってみて思ったこと。【カット1000円、カラー3000円】

先日、リーズナブルな美容室に初めて行ってきました。

カットが1000円、カラーが3000円。安!

 

そもそも美容室って高くね?

美容室の価格設定ってピンキリだとは思うのですが、私の金銭感覚でいうと、相場はカット3000〜4000円、カラーは5000〜9000円くらいでしょうか。

 

なので、いままで通っていた美容室もだいたいそれくらいで、カットとカラー、トリートメントなんかもしたりすると、1万円は軽くオーバーしてしまうんですよね。

 

私は、節約嫌いの独身貴族のしがないフリーターに属しているので、1回で1万数千円使うのは痛いです。でもしかたないと思ってた。

髪も黒髪ロングにすれば、数ヶ月に1回カットだけで済むし安上がりだけど、いまはカラーをいれたショートなので、ガンガン美容室に課金しています。笑

でも、好きでやっているのでそこにお金を使うのはいいんです。

 

ある日、安い美容室があるのを知ってしまった。

駅ナカの1000円カットは存在は知っていたけど、あれっておじさんが行くものでしょ?って思っていた。

 

しかし、普通の「美容室」なのに、低価格の店があることを知る。

メインターゲットは主婦やママさんのお店らしい。

子供連れで行きやすい、価格が安い、でもおしゃれ感もある。そんな店。

 

あまりの安さに、質がよくないのではないかと思ったが、好奇心で行ってみた。

 

いや、普通によかったです。

行ってみた感想は、普通によい。です。笑

私には合ってると思う。

 

予約なしで入れるところとか、過度に接客しないところとか。

飲み物も出ないし、マッサージもなかったけど、私はそれでも全然問題ないです。

肝心のカットとカラーの仕上がりにも満足してます。しかも超安いし。

 

デメリットはクレジットカード払いができないこと、くらいかなー。

 

あと、担当してくれた方や店にいた店員さん全体的に年齢層高めだった気がする。

たまたまかもしれないけど。

 

なにがなんでも超オサレな美容師さんにやってもらいたい人は向いてないかな。

 

美容室ってなんなんだろう(哲学)

安い美容室に行ってみて、あまりにも普通に満足できてしまったため、いままで通っていた美容室ってなんなんだろうと考えてしまった。笑

 

もちろん、価格にかかわらず、いい店はいいし、ダメな店(自分に合わない店)はダメだ。

 

カットが上手い店。カラーが上手い店。

お茶やお菓子を出してくれて、マッサージまでしてくれる店。

飲み物を出さない店。雑誌のチョイスがイマイチな店。

「このあとの予定は?」「ゴールデンウィーク何するの?」と非リアの琴線に触れてくる店。

そもそも、カットもカラーも下手くそな店。

 

いろーんな店があったなぁ。。。

 

結論?としては、自分に合う美容室が見つかればラッキー。

そして、その店が安いとなおラッキー。ってことかなぁ。

 

美容室って無数にあるけど、それってやっぱりそれだけ儲かる、やっていけるくらいの価格設定だからなんだろうか。

私みたいなバカは、貧乏なのに、ほぼ毎月ネギ背負って通ってるんだもんなぁ。

しかも自らの意思で。

 すごいなぁ。美容室。と私の煩悩。

 

美容室に行かない選択肢もあり。

安い美容室でカラーしてもらって思ったのが、知人、友人、家族などに美容師またはカラーが得意な方がいれば、その人にやってもらえばいいんじゃね?ってこと。

そのくらいの感じでした。雑ではないけど、家でも出来そうな雰囲気。

 

自分で泡カラーなどをしてもいいけど、もし周りにカラーしてくれる人がいたら、多分めっちゃいい。

 

もっと言うとカットもしてもらえるなら、もう美容室行かなくていいよね。笑

 

ハリセンボンのはるか(死神の方)は自分で髪をカットしているらしい。

すごい上手いですよね。

 

私はコミュ障なので、できれば人とかかわらず、自分で済ませたい。。

でも、カット1000円、カラー3000円ならお店でやってもらうかな。。

 

というわけで、安い美容室行ってよかったです!