Fuwalog

なるべく平和がいい。

ポケモンの怖い技名11選

ポケモンのわざの名前って面白いですよね。
ポケモンの名前も面白いんですけど、今回はわざの名前、しかも怖い!と思ったものを書いていきます。
ポイントは大人になってわかる怖さ、です。
子供の頃はよくわからなかったけど、今思うとゾッとするような。
ポケモンのわざ全てを知っているわけではないのですが、11個選びましたー。


どくどく

シンプルに怖い。毒系のわざは他にもいろいろありますが、やっぱり一番ネーミングが好きなのはこれ。
どくどくって。考えた人天才か。

毒を浴びせられるなんて、正気じゃない。怖い。
でもこのわざ使いやすいし、とても有効なので小さい頃は何も考えず使いまくってました。鬼畜。
ポケモンたちはしょっちゅう毒を浴びせられて大丈夫なんだろうか。
そのうち、キルアみたいに耐性あるんだ…とか言い出しそう。

さしおさえ

大人になってわかる怖さ。「さしおさえ」の5文字の破壊力。怖い。
いろんなものを手に入れるということは、いろんなものを失うということでもある。その逆も。
…何の話?

やどりぎのタネ

私はこれが一番怖いです。最恐。
名前からしておぞましいし、内容も。
体に種を植え付けられたあげく、体力を吸い取られるなんて。
想像しただけでも怖い。気持ち悪い。
しかし、このわざもとっても使い勝手がよく、子供の頃はバンバン使ってました。
今思うと1回されただけでもトラウマになるレベル。
というか絶対やだ。

はっぱカッター

怖いというか、痛い。
紙で指を切った時の嫌な感じ。
あれを想像すると、無数の葉っぱが襲いかかって来るなんて恐怖。
威力で言えばもっと強いわざはいくらでもありますが、リアルに痛みを想像できて、生々しいので選びました。

ねっとう

これも生々しさです。リアルに「ねっとう」はあかん。
熱湯の恐ろしさ、なめんなよ、と。ずっと痛いからな。

したでなめる

潔癖症とまではいかないけど、これは無理。怖い。無理。
外的ダメージは少ないと思うが、精神的に立ち直れない。
そしてネーミングセンスね。無駄がない。簡潔。よい。

しぼりとる

いろんな意味で怖い。
何をどう「しぼりとる」の?え?
怖いので考えない。

にぎりつぶす

パンチ力。それだけ。
絶対にキャタピーには使わないであげて。

ハサミギロチン

パンチ力。その2。
いいのか?これ。子供も楽しめるゲームだよね。怖い。

ふくろだたき

だから、子供も楽しめるゲーム!って言ってるのに。
だめでしょ。

ヨガのポーズ

最後はちょっと毛色の怖さ。
バトルの最中に急に相手がヨガのポーズをしだしたらなんか怖くないですか?
え?なにこいつって。
しかも、もしかして相当強いのかな?ネテロかな?みたいな想像もできるし。
怖い。そしてポケモンのわざにこれを採用するところも好き。


以上、私が怖いと思うわざでした!