Fuwalog

ブログが友達。

はてなブログっぽいブログ

「はてなブログっぽいな~。」

私の勝手なイメージですが、そういうブログがあります。

はてなブログってなんか色がありませんか。

例えば、ブログタイトル(ブログの名前)で「〇〇blog」とか「〇〇な日々」とかがよくあるものだと思うのですが、はてなブログはもっとエモいです。

「それは冷静とは言えませんでした。」とか「アスパラは飛ばない」とか。

え?それタイトル?みたいなやつが多い気がする。
(上の例は今テキトーに書いたのでダサいですけど)

そういうエモエモしいブログ名、好きです。笑

もうそれ見ただけで、なんとなく書いている人の性質が伝わってくる。

このブログも今は「Fuwalog」とかいうありきたりな名前ですが、始めた時は「ふわふわの頭の中の」って名前でした。どっちにしろあれだけど。

もし、これは!っていうブログ名が思い付いたらまた変えるかもしれません。


そして、文章の始まりも面白いです。

よくある、
「こんにちは♪今日は天気がよくて・・・」とかではなく、

「それが現実かどうか理解するのに時間を要した。」みたいな、小説か!って感じのものをちょこちょこ見かけます。はてなブログのトップページで。

まぁ、そういう始まりのものは私はあまり読まないんですけどね。
ちらっと見えるその一文だけでお腹いっぱいになるから。

でも、そういうブログっていいなーとも思うんです。
今の時代、SNSならインスタとかYouTubeとかが主流だし、少しつぶやきたいならTwitterでいいし、わざわざブログをやる必要もない。芸能人とかインフルエンサーとか仕事でやってる人は別だけど。

ただ、そういった主流のものって生々しさが減る気がする。
変に形式的で小綺麗で。
もちろん見やすさで言えばそっちの方がいいとは思う。

そんな中でひっそりと、しっかりと熱量のある、はっとする、すごく個人的で、マニアックで、完全に趣味で書いているような、書店にはちょっと置けない頭の悪い文章(あ、これは私のことです)。
そういうの好きです。

見た瞬間、なんじゃこりゃーおもしろーってなるブログを見つけるとすごく嬉しい。

私は、はてなブログしかやったことがないから知らないだけで、もっともっと色んな世界があるのかもしれないけど。
というかきっとあるだろうな。

とにかく、誰にも干渉も推敲もされてない、その人が書いた文章って思うだけで面白い。

ロボットに「はてなブログっぽいブログ」は書けるんだろうか。