Fuwalog

ブログが友達。

部屋は自分の心を映す鏡って割とまじ

ここ数年、ようやく部屋を綺麗に保てるようになってきた。
と言っても今までが酷すぎただけで、まだまだなんだけど。

例えば、床にものが散乱してないとかそんなレベル。

そして今、部屋が汚かった頃を振り返るとあの頃の自分病んでたなーって思う。
ほんとに酷かった。
当時は仕事が忙しい、疲れてるからだと思ってたけど、それは言い訳というか隠れ蓑で、いくら仕事が忙しくても部屋が散らかる理由にはならない。
だって、ゴミをゴミ箱に入れることくらいできるでしょ。
それすらもできなかったんです。
掃除機もかけられない、洗濯もテキトー、床にはゴミやものが散らかりっぱなし。
多分精神的におかしかったんだと思う。
過食も酷かったし。
身だしなみを整えたりも全然できなかった。肌荒れもしてた。

あー、今思うと恐ろしい。
そして、本人はそのヤバさに気づけていなかった。
きっと周りの人は思っていただろうな。こいつ、だらしないな、生活荒んでそうって。

今でも完璧な人間になれたかというと全くそんなことはなくて、だらしないし、干物なんだけど、精神的には前よりは少し落ち着いてる気がする。

部屋が綺麗だから精神が安定するのか、精神が安定してるから部屋が綺麗なのかわからないけど(おそらく両方かな)、もう二度とあの頃には戻りたくない。

いつも掃除して部屋がすっきりすると思い出す黒歴史でした。